Java ソースコードで UTF-8 エンコーディングを使う

寄稿 : 片貝 正紀 , 2006/06/07

NetBeans は Java ソースコードのエンコーディングとして通常起動したプラットフォームのエンコーディングを使います。これを UTF-8 に変更する手順を説明します。

NetBeans が使用するソースコードのエンコーディング

NetBeans IDE が使用するソースファイルにはさまざまな種類があります。HTML ファイル、JSP ファイル、Java ファイルなどがありますがそのエンコーディングについて説明します。また詳しい説明はオンラインヘルプに記載されていますので参照してください、"エン コーディング" で検索するとよいでしょう。

HTML ファイル


HTML ファイルは <head> 内の Meta タグで指定します。この設定がない場合には起動したロケールのエンコーディングを使用します。

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">

JSP ファイル


JSP ファイルのエンコーディングは個々に設定するか、JSP ファイルをグループ化してエンコーディングを設定できます。個々に設定する場合は、

1. <%@page pageEncoding="UTF-8"%>
2. <%@page contentType="text/html;charset=UTF-8"%>

の順で評価されます。

XML ファイル


XML ファイルは以下の XML 宣言のエンコーディングを使用します。

  <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

Java ソースファイル


Java ソースファイルはエンコーディング情報をファイルそのものに含めることはできませんが、この Java ソースファイルに限り NetBeans 側で設定を持つことができます。

JavaScript ファイルやその他のテキストファイル


JavaScript ファイルはその他のエンコーディング情報をファイル内で指定する方法がないファイルは残念ながらエンコーディングを指定することはできません。 NetBeans を起動したロケールのエンコーディングが使用されます。

Java ソースファイルを UTF-8 にする


NetBeans 5.0 では Java ソースファイルのエンコーディングを UTF-8 にするには次の設定が必要です。全体の設定で Java ソースのエンコーディングを UTF-8 にし、さらにプロジェクトのプロパティーでコンパイルオプションに -encoding を指定します。

1. 「詳細オプション」の「Java ソース」で「デフォルトエンコーディング」を空白から「UTF-8」 にする



2. プロジェクトのプロパティーダイアログの「コンパイル」で「追加のコンパイラオプション」に「-encoding UTF-8」を入れる